milkcat2828’s blog

イラストやステッカーなどのグッズを紹介しています。

Illustratorで描く「ドラゴンクエスト・竜王」塗り比較

ドラクエ1

こんにちは

最近蒸し暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

今日は個人的に「イラストの塗り方」のおさらいがてら描いたイラストを紹介したいと思います。

題材にしたのは皆さんご存知、日本のRPGの原点「ドラゴンクエスト」の第一作目のラスボス「竜王」です。

なぜ竜王になったのか?はの経緯を書くと・・・たまたまググっていた時にその姿を見て懐かしさと同時にキャラクターデザインした鳥山明先生のイラストが好きだったということもあり半分ファンアート的なノリで描こうと思ったのでした。

とは言うものの比較が目的なので鳥山先生のオリジナルを元に描き塗り方の違いを比較するので大胆なアレンジ等は行なっておりません。

竜王・元イラスト

元イラストはこれです

これを元にIllustratorで描いて行きたいと思います。

それではまずは「アニメ塗り」から

竜王・変身前(アニメ塗り)

「もし、わしのみかたになればせかいのはんぶんを(あなたの名前)にやろう」

こういったセリフをさらりと言える所が竜王のラスボスたる所以でしょうか?

あわよくば自分の最大の脅威を懐柔しようとする・・は置いといて竜王の変身前のアニメ塗りです。

アニメ塗りとはTVアニメにみられる陰影の付け方で描いた物体の凹凸を影や光で表現します。

個人的にはこの描き方は好きです。

最初は誰に教わった訳でもないですがこの塗りで入ったので描いてても楽しい描き方です。

※とは言う物の子供の頃からやったゲームやテレビの影響は強いと思います

次は「ブラシ塗り」です

竜王・変身前(ブラシ塗り)

近年一番多い塗り方かも知れません。

アニメ塗りと同じように凹凸に陰影をつけるのですがアニメ塗りの様にラインがハッキリしてなくてぼやけています(グラデーション)

この塗り方だと人の肌など柔らかく表現できるので絵の質感が向上します。

平たく言うとリアルなイラストになります。

欠点としてはブラシをかけたオブジェクトにマスク(余分な部分を隠す)をしないといけないので手間がアニメ塗りに比べて多いです。

他の塗りはというと今回はやってませんが「厚塗り」などがあります。

これはゲームのモンスターなどのイラストで見かけます(重厚なイメージ)

アニメ塗りとブラシ塗りの比較

竜王・変身前(比較)

アニメ塗りの方はポップなイメージでブラシ塗りは質感がアニメ塗りよりもある印象です。

どちらがいい?という明確な答えはないのでお好みや用途で選んで描くのがいいと思います。

竜王・アニメ塗り」

竜王・変身後(アニメ塗り)

「りゅうおうがしょうたいをあらわした!」

と言う事で竜王の本体も描きました。

オリジナルのゲームだと水色っぽい色だったのですが元イラストやネットでググった結果紫っぽいカラーリングがおおいのでこちらにしました。

ドラゴンというキャラクターはいまでこそありふれた敵キャラかもしれませんがドラクエで知った人に与えたインパクトは凄かったと思います。

せっかく倒したと思ったら・・・ええー!?みたいな(これは当時のぼくの感想)

竜王・ブラシ塗り

竜王・変身後(ブラシ塗り)

比較という事だったのですが変身前の竜王でやったので変身後は環境光を加えてみました。

この場合の環境光は「ドラゴンが吐いた炎の光の照り返し」です。

環境光はその場のその場の光源の表現なので昼間と夜、蛍光灯と裸電球などで見え方が変わってきます。

なのでイラスト的には背景ありきのものに加えてやると臨場感がでます。

この場合さらに照り返しによる影や反射光なども追加するとさらにリアルになります。

竜王・パス比較

おまけ・アウトライン

いかがだったでしょうか?

イラストに詳しくない人も「へーそうなんだ」的な雑学程度でも知って頂けると嬉しいです。

個人的にはブラシ塗りは比較的最近はじめた技法なのでまだまだ精進したいと思います。

それではまた!