milkcat2828’s blog

イラストやステッカーなどのグッズを紹介しています。

携帯ファミコン互換機「FCポケット」を買ってみました。

先日のブログ「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンの抽選予約の結果」以来、再販を待つにしろなんにしろ「ドット絵のゲームでピコピコしたい」という願望が募りあれこれネットで物色し一つ面白いものを見つけました。

 

f:id:milkcat2828:20171002154551j:plain

「FCポケット」という携帯ファミコン互換機です。

 

レトロゲームの互換機というのはあるのは知ってましたが真面目に調べたことはなかったので調べてみてたくさんあるのでびっくりしました。

その中でこのFCポケットが個人的に一番目を惹きました。理由はもろファミコンのコントローラーのデザインです。

あと、モニターにつなぐのはめんどいので携帯型という点です。

値段的にも3500〜4000円くらいなのでお求め安い価格と思いました。

 

f:id:milkcat2828:20171002154733j:plain

電池は単4の4本使用します。電池だけでなくACアダプターでも起動するのでどちらか選べます。

 

f:id:milkcat2828:20171002154611j:plain

またカセットを差さなくても電源を入れれば88種類のゲームが内蔵されているので遊べます。内容はオリジナルで「無いよりまし?」みたいな印象です。

 

f:id:milkcat2828:20171002154632j:plain

そしてこの度、突貫で用意したファミコンのカセット4種類

「早く遊びたい!」気持ちを抑えまずはカセットの接続端子の掃除です。

無水エタノールを綿棒を用意します。

f:id:milkcat2828:20171002154657j:plain

綿棒の先の無水エタノールを含ませカセットの端子をコシコシ擦ります。

 

f:id:milkcat2828:20171002154712j:plain

汚れていると黒くなるので裏表を掃除した後で反対のきれいな綿棒でふき取ってやります。掃除後の綿棒はどれもそれなりに汚れていました。

 

そしてついにカセットを差し込みます。

 

f:id:milkcat2828:20171002154828j:plain

 まずはアーバンチャンピオン

 「できたー!」今のゲームと比べると知らない人なら「は?」と言いたくなるグラフィックやゲーム内容ですがファミコン世代には懐かしい感覚です。

 

f:id:milkcat2828:20171002154855j:plain

次はエキサイトバイク

 

f:id:milkcat2828:20171002154906j:plain

Dr.マリオ

 

f:id:milkcat2828:20171002154918j:plain

 ローリングサンダー

 当時お子様だったぼくは面クリ後のこのデモ画面にドキドキしながらやったもんです。

今見たら・・「こんなんだっけ?」というのが感想でした。

 

あとFCポケットのその他の機能としては

  • リセットボタンがある
  • 連射ボタンもある
  • AV出力してモニター等でも遊べる
  • 電池だけでなくACアダプターでも可

 

悪い点というか気をつけたいところとしてはファミコン時代からのお約束だけど「衝撃に弱い」です。

今回だとローリングサンダーをやってて初めて2面をクリアした時に持ってる手がカセットに当たってしまいその瞬間に「プー・・・」と画面が止まり再起不能となりました。要注意です。

 

f:id:milkcat2828:20171002154810j:plain

FCポケットとアーバンチャンピオン

今回のFCポケットの個人的感想は

  • ファミコンちっくなデザインがいい
  • 画面は小さいけど発色はそれなりにいい
  • 音的にはチープなピコピコ音がいい

画面は小さめですがドット絵なのでくっきりはっきり見え、プレイに問題ありませんでした。文字の視認性も悪くは無いです。 音に関してはイマイチというレビューを散見しましたが、個人的には携帯用だし価格的にもこんなもんじゃないの?と思いました。※ドラクエや特定のゲームは音程が狂って音痴になるようです。

なにより一番よかったのは昔のゲームが今、手の中でできるという点です。

はっきり言ってしまうと今のスマホのゲームなら無料のでも全てにおいてこのクオリティーをはるかに上回ったゲームがたくさんあります。しかし今と比べて最小限の限られた容量で作られたゲームには今のスマホゲーに無い趣があるように思います。理不尽なゲームオーバーなんかも以外と身近にあり、文句言いながらもやってました。

なのであくまでファミコン好きな方やレトロゲームに興味がある方などには価格的にも安めなのでおすすめだと思いました。

 

それではまた!